検索
  • staff M

国立台湾大学 人類学科

○台湾の大学に入ってよかったこと。

日本の大学とは全く違う環境に身を置いて勉強ができる事。本格な中国語の勉強ができること。課題に追われすぎて自分から進んで勉強できる様になった事。台湾人に限らず、他の国の友達もできた事。


○イメージの違い、苦労したこと

予想以上に学科のみんなが優しくて親身になってくれる事です。最初はかなり緊張して、最初の授業の日、学科の人達に初めて会う時も不安でたまらなっかたんですけど、台湾の学生は気さくで話しやすくて、意外とすぐに打ち解けられて安心しました。

勉強面はいまだに苦労していて、多分この先の大学生活1番の悩みはずっと勉強だと思います。台湾大学にいる台湾人学生のみんなは、難しい課題もプレゼンも授業内容も、国際生の私達と比べたら難なくこなしています。比べる所ではないかもしれないけど、そんな人たちと毎日一緒に勉強をしていたら、レベルの差で自信を失くしてしまう事もあります。レベルの高い大学なだけあって生徒のレベルもそれなりです、自分の勉強だけではなく周りに付いていく事も大変です。


○後悔したこと

私はこの一年間台湾での生活、大学での勉強に慣れようとたくさん努力しました、なので今後悔している事はありません。ですが大学に入ってからすでに一年が終ろうとしていて、時間の過ぎる速さには驚かされています。大学の内に経験しておきたい事、学びたい事、参加してみたい活動、台湾で行ってみたい場所がまだまだたくさん残っているのに、私の大学生活はもう残り4分の3しかありません。今後はより多くの事をやってみようと思っています。


○一年前に戻れるなら何をしますか。

多分日本についてもっと勉強してると思います。歴史、政治、国際関係、など台湾に来てから人と会話をする際に、答えられない瞬間があります。なのに相手が自分より詳しかったりすることがあります。台湾人は日本人に負けないぐらい日本に詳しいです。

そして会話のバリエーションを増やせる様にもっと読書をしたり映画をみたりすると思います。高校を卒業して自由になり自分の時間も増え、遊びやおしゃれ、バイトをする事に時間を費やしましたけど、それは一年後の今ほとんど役に立ちません。なので大学には入るまでの時間をもっと有意義に使うと思います。


○後輩へ

私が一番伝えたい事は時間を大事にしてほしいという事です。気付いたらもう高校を卒業してる...気付いたらもう台湾に飛ぶ1ヶ月前になってる...とそんな感じでみんなに与えられた時間はあっという間に過ぎて行きます。自分がいるその瞬間をたくさん楽しむ事も大事だと思いますが、これから(大学生活)の計画を立てて、それに向かって少しでも準備をしたり、台湾留学JPを卒業した後でも毎日1時間は中国語の勉強をしたり、それをするだけでも大学生活のスタートが0じゃなくなると思います。少し準備をしておくだけでもだいぶ変わるし、それをしたところで友達と遊ぶ時間はなくなりません。苦労も減ると思います。今は不安がたくさんあると思うけど、大学生活は絶対に楽しくなるので、ぜひワクワクした気持ちで台湾に来てほしいです。そして先輩も何十人もいるので困ったらいつでも頼ってください。


人類学科で行われた食事会の際の写真

学科対抗のバトミントン決勝戦の際の写真

2020-08-07

100回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

新宿御苑学院/台湾留学JP

〒160-0022   東京都新宿区新宿2-3-13   3階  

Tel:  03-3356-1165

Fax: 03-3356-5165

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now